相手に送ったその写真は個人情報になることも

仲良くなれば自分の顔写真を送るようなこともあるのが、出逢い系サイトです。ただしその写真、実は自分自身で個人情報を相手に提供していることもあります。ふとしたことで不本意に自分から個人情報を与えて、そこからストーカー被害に遭うこともあります。怖いですが被害を防ぐこともできますので、安全に利用できる方法を知っておきましょう。

■なぜ流出する?

スマホやデジカメについてあるGPS機能によって、出逢い系サイトから個人情報が流出します。部屋で撮った写真を送るだけで、どこに住んでいるのかわかる機能です。またスマホのアプリで、周囲に同じアプリを利用している人を探す出会い系アプリもありますが、それもこのような機能を使っています。知らない人も多いことから、年々被害も多くなっています。

■防ぐ方法

GPS機能を切ることで対処することができます。またブログにはGPS機能によって付加された住所の情報を除去する機能がついているものもあり、今まではそのようなことがなかったのに、出逢い系サイトを利用し始めて個人情報が特定されるようなこともあります。嫌がらせや恐喝の原因になることもありますので、十分気を付けて写真は送るようにしましょう。

■意外に多い案件

プロフィールに写真を掲載する人は特に多いです。また迂闊に自分の裸の写真を男性に送り、GPS機能のせいで強請られてしまう未成年の女性も被害に遭うことが報告されています。出逢い系サイトを利用しているだけならまだしも、きわどい写真と一緒に住所を特定されるようなことがあれば、大きなダメージになってしまいます。本来であれば知っておくべきことですが、なかなか浸透しないことで被害者も増えています。

■心構えが大切

迂闊に個人の情報を提供しないことが大切です。写真は仲良くなってから送ることを徹して、また個人に繋がる情報も仲良くなって、それなりに会う回数を重ねた後から、教えるようにしましょう。信頼できる相手にしか個人情報を与えないようにしてください。

関連記事